スロパチラボ機種メニュー
HOME/最新情報
パチンコ新台情報 パチンコ機種別一覧
スロット新台情報 スロット機種別一覧

ファンキージャグラー 新台スロット|設定判別・解析まとめ

ファンキージャグラー
©北電子

導入日2016年7月11日予定
新台スロット「ファンキージャグラー」のご紹介。

新作ジャグラーはファンキーな台になって登場!

  • スペック
  • 設定判別
  • 解析攻略

など、最新情報をお届けしていきます。

それでは、詳細をご覧ください。

スポンサードリンク

機種情報

ファンキージャグラー
導入日 2016年7月11日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
純増 BIG:312枚
REG:104枚
コイン持ち 約35G

天井

天井
非搭載

スペック

設定 BIG REG 合成 機械割
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

小役確率

♦準備中

同時当選期待度

♦準備中

ボーナス

BIG REG
契機 赤7揃い 赤7・赤7・BAR
獲得枚数 約312枚 約104枚

設定判別

ボーナス確率

ボーナス合成確率に注目。

REG確率に大きな設定差が
存在する点にも注目しておきましょう!

設定 BIG REG 合成
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0

[算出方法]
総ゲーム数÷ボーナス回数

その他、設定推測要素は現在調査中。

詳細がわかり次第、アップしていきます。

スポンサードリンク

リール・打ち方

ファンキージャグラー

通常時の打ち方

♦BARを枠2コマ上~上段狙い

→中・右リール適当打ちでOK

完全小役奪取手順

♦右リール上or中段に7狙い

①上段7停止時

成立役
単独REG

→左・中リールに7狙い

②中段7停止時

成立役
ブドウorチェリーorボーナス

→左リールにチェリー狙い、中リール適当打ち

③下段7停止時

成立役
ハズレorブドウorボーナス

→左リールにチェリー狙い、中リール適当打ち
(左リールにチェリーが出現すれば、チェリー+BIG確定)

④中段リプレイ停止時

成立役
リプレイorチェリーorベル

→中リールにベル狙い、ベルがテンパイしたら左リールにもベル狙い

→リプレイが中段テンパイしたら、左リールにチェリー狙い

⑤上段ピエロ停止時

成立役
ピエロ

→左・中リールにピエロ狙い

ボーナス中の打ち方

♦順押し適当打ちでOK

ゲームフロー

今までのジャグラーシリーズ同様、
BIGとREGのみで出玉を増やすタイプ。

今作のリプレイキャラは「犬」となっており、
由来は”ワンモアチャンス”から来ているようです。

また、従来のジャグラーシリーズよりも
BIG比率が高くなり、機械割が上がった点にも注目。

さらに告知演出がファンキーの名の通り、
ファンキーなプレミアム演出を多数搭載!

新告知

♦GOGO!エレキ点滅
うなりをあげるエレキ音と共にGOGO!ランプが高速点滅する。

先告知後 後告知後
発生タイミング 第1停止時
第2停止時
BET時
レバーON時
第1停止時
第2停止時

♦ガコマシンガン
一瞬の暗転後、ガガガッガコ音を響かせながら高速点滅する。

先告知後 後告知時
発生タイミング 第2停止時 第3停止ボタンを離した瞬間
次ゲームの第2停止時

♦ドリフト告知
豪快なドリフト音「キィ―ッ!!」発生後、GOGO!ランプが点灯。

後告知時
発生タイミング 第3停止ボタンを離した瞬間

♦ドリフトストップ
停止ボタンを押すごとに「キィ―ッ!!」とドリフト音が響き渡る。

先告知後 後告知後の次ゲーム
発生タイミング 第1停止からスタート

♦7セグ
告知ランプ点灯後、クレジット横の7セグ演出が発生する。

先告知後 後告知後の次ゲーム
発生タイミング 第1停止からスタート

公式PV

管理人の一言

2016年7月11日導入予定の
スロット「ファンキージャグラー」。

タイトル通りのファンキー仕様な新告知を搭載しています。

ジャグラーと言えば、ひっそりと光るGOGO!ランプ、
まれに発生する「ガコッ音」が魅力の一つだったと思います。
(ホールによってはキュイン音が激しいところもありますが…w)

今回はそのイメージとは対照的で、
今までのジャグラーとはひと味違った一面を楽しむことが出来そうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ